HOME»恋愛の悩みQ&A»もっと私にかまってほしい

もっと私を見てほしい...かまってほしい

『もっと私をみてほしい...私にかまってほしい』恋愛をしていく中で多くの女性が相手に対してこういった気持ちを抱くようです。これは一般的に男性は恋愛よりも仕事を優先する傾向にあるため、彼女を獲得するまでは、一時的に彼女をメインにするものの...仕事が忙しくなってきたりだとかするとそうではなくなってしまうため、女性としては『もっと私をみてほしい...かまってほしい』といった気持ちを抱くようになるようです。※恋に対する意識の違い


彼にかまってほしい気持ち

恋愛中(付き合っている)の二人の仲においても『追えば逃げ、逃げれば追う...』といった言葉があてはまると思います。お互いに相手の事を“好き”という気持ちは同じなのですが、二人の“好き”の比率は、いつも同じとは限りません。

彼に見てほしい...彼にかまってほしい時はある時は微妙に彼の気持ちの方が多かったり、またある時は彼女の気持ちの方が多かったり...いずれかの気持ちが多かったり少なかったりするものです。そして多い方は相手に対して愛情が足りないと感じる訳です。

こういう時、不安を感じた女性は『寂しい...』と彼に頻繁に電話をしたり『私の事、愛してる?』などと、ついしつこく彼に連絡をとったりしてしまうのですが、これは男性からすれば重い...鬱陶しい以外の何でもありませんので、思い当たる方は要注意です。

どうすれば私をみてくれるのか?私にかまってくれるのか?

では一体、どうすれば彼は私を見てくれるのか?私にもっとかまってくれるようになるのか?答えはどんなに彼を想っていても...そういった様子を彼に悟られないように努めることです。彼と会えなくて寂しい日は一人で過ごすのではなく仲の良い女友達などを誘って食事に行くなどして気持ちを紛らわせると良いでしょう。

そして『あなたが居なくても私は結構、普通に楽しく毎日を過ごしているよ♪』と彼に適度にアピールしてください。適度にと言うところは大切です。必要以上にあなたが居なくても...って言うのをアピールしすぎると彼によっては『じゃあ俺は必要ないね』みたいな感じに受け取り逆に離れていっちゃう可能性もありますからね。

適度にアピールし、そして彼と一緒に過ごす時間には見栄を張らずに素直におもいきり彼に甘えれば良いのです♪少し計算された駆け引きのようで気乗りがしないかも知れませんが彼にもっとみてほしい...かまってほしいと思うなら時にはこういった事も必要です。

 冷めた彼の心を、もう一度夢中にさせる方法